行政書士の資格取得、独学を始めた人の体験談

*

行政書士の資格取得、独学を始めた人の体験談

国家試験に合格する必要がある行政書士の資格。試験の実施は1年に1度しかないので、計画的に受験勉強を始めることが大切です。

行政書士の試験勉強は、他の資格と同様に通信講座や通学、独学が主な手段となります。

なかでも独学は一番金銭的にリーズナブルですし、思い立ったら自分の好きなタイミングでスタートできるので、初めての人はチョイスし易い勉強方法でしょう。

でも反面、気軽にスタートできる分、何もかも自分で選んでスケジュールも管理しなければならないのが独学の大変なところです。

独学で行政書士に合格するための注意点
独学で行政書士の資格取得に成功した人はもちろんいますが、体験談を見ていると皆さんに共通しているのは「なかなか合格までの道のりが長かった…」ということです。

独学をチョイスしたのは、やはり「安いから」という金銭的な理由が一番のようですが、結局最初に自分で選択した教材や参考書が思ったより難しかったり、読み辛い部分が多かったりなどで、次々と買い足してしまい、結果的には受けようかどうしようかと迷っていた通信講座の料金よりも高くついてしまった…という失敗談もあるようです。

ネットで手軽にテキストや問題集を購入できるので、ついついレビューを見て目移りしてたくさん購入してしまい、かなり時間をかけて全部読破した積りだったけど、試験の時にわからない部分が多く「実際はあまり知識が身に付いていなかった」ということを痛感したというケースも聞きます。

行政書士試験勉強は、一度理解できない部分が出来てつまづいてしまうと、先に進むことができないのが難しいところなのですが、そんな時、誰にも相談できないので解決手段を調べるのに無駄な時間がかかってしまうことも少なくないようです。

「合格するぞ!」という意思を強く持つあまりに、最初に無理して飛ばし過ぎた反動で数ヶ月目に疲れて挫折してしまった…という人も。

合格した人のなかには、「限界を感じたら悩むことに時間を費やさず、独学と同様に自宅で自分の好きな時間に勉強できる通信講座に切り替えたことで道が開けた」…と語る人も多いようです。

通信講座に思い切って変えたことで、要領よく計画的に勉強が勧められ、相談や質問をする相手も出来たので、迷いが吹っ切れて試験に合格することができたそうです。


>>合格できる勉強法は合格者に聞け!

行政書士の資格取得、独学を始めた人の体験談関連ページ

行政書士試験になかなか合格できない人の特徴
平成25年度の全国の行政書士試験受験者数は55,436人。 そのうち合格者は5,597人、合格率は10.10% […]
行政書士試験に合格できた人の共通項とは
ここ10年間の行政書士試験の合格率を見ると、少ない時は2.62%、多い時で10.10%とかなり「狭き門」である […]