模試も大切!行政書士試験勉強、独学計画

*

模試も大切!行政書士試験勉強、独学計画

自分でテキストや問題集を選んだものの、さてどこから始めたらいいのか…と悩んでしまうのが独学です。
学校の講義や通信講座の場合は、合格に的を絞り効率的にカリキュラムが組まれているので無駄がないのですが、独学の場合は教材選びもスケジュール組みも全て自分次第です。

合格できる勉強スケジュールのつくりかた
まずは最初からテキストをまる暗記をしよう!と意気込んでしまうと、何が書いてあるのかさっぱりわからず、読むのが苦痛になってしまいます。
そこで、最初はまずは書いてあることに目を慣らす程度の気持で、毎日30分〜1時間、ざっと読むようにしましょう。

またテキストが難しくて挫折しそうになった場合は、過去問を読むこともおすすめです。
問題を読んで、答えを選択してみてから解説を読んでみましょう。何が正解で何が不正解かの説明を読んでから、今度はテキストでその部分を確認するようにして下さい。
そうするとテキストだけを読んでいるよりも理解しやすいでしょう。

また独学の人は、勉強しているとどうしても孤独感に苛まれがちです。
通学や通信講座のように講師や学校とコミュニケーションを取れず、疑問や質問を問う相手もいないので、自分だけの世界に閉じこもってしまいがちです。
どの程度まで自分に学力が付いているのかも、客観的に判断がつきかねるでしょう。

そんな時には模擬試験を受けてみるのもおすすめです。家でひとりで勉強をしていると、周囲に気を遣わなくてもよいのでプレッシャーもかからないのですが、本番に備えて緊張を強いられる試験会場の雰囲気を体験しておくのもいい経験になります。

本番では時間内に要領よく問題を解いて行くことが大切ですが、自信があっても緊張で頭が真っ白になってしまうという人も少なくありません。
一度本番さながらの模擬試験を体験すると、本番の時にある程度落ち着いて試験に臨むことができるでしょう。

通信講座では合格を見据えたスケジュールの勉強とともに、自分がどれくらいの点数を獲得できるか把握し高得点を狙える、「直前模試」などもあります。
もし、独学に行き詰まりを感じたら思い切って、模試も組み込まれた効率のよい通信講座に切り替えるのも合格への早道と言えるでしょう。


>>合格できる勉強法は合格者に聞け!

模試も大切!行政書士試験勉強、独学計画関連ページ

独学から通信講座に切り替える時のポイント
行政書士を目指す人の受験勉強としては、学校に通学する、通信講座で学ぶ、独学をするの3つの方法があります。 その […]
独学には必須!行政書士試験の過去問の選び方
独学で行政書士試験に挑戦する人は、勉強方法をインターネットなどを使って経験談や現役の行政書士のアドバイスなどを […]
行政書士試験科目「一般知識」の勉強ポイント
行政書士試験の場合、他の法律関係の資格にはないのが「一般知識」を問われる問題です。 法令分野の問題は、暗記をし […]
行政書士試験科目「法令」の勉強ポイント
行政書士試験科目は大きく分けると、行政書士の業務をする上で必要な「法令分野」と「一般常識分野」に分かれます。 […]
行政書士試験独学の最初の難関!教材選び
独学で行政書士試験を受けようと決意した人が、まず一番最初にぶつかる難関が「教材選び」です。 様々な種類のテキス […]